Aston Martin is Back!



『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。アストンマーティンDB5には予告編に登場するガトリング砲のほかにも「FLAME」「FIRE」「OIL」が装備されているのがパネルのプレートからわかる。「OIL」」は『007/ゴールドフィンガー』でお披露目済みだが「FLAME」「FIRE」が使われたことは今までにない。手前のスイッチはフレーム外で不明。もしかして意外と実効制圧力に欠ける『007/サンダーボール作戦』に登場した「WATER」なのかも?



アストンマーティンV8。これはQ課の倉庫に保管されていたという設定?『007/リビング・デイライツ』で支給されたV8はボンドが自爆させてしまっているので試作車なのかもしれない。そのままノーマル仕様のものをMI6で保管しておく理由はない。(いちおう)秘密兵器は搭載された状態なのだろう。



アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ。ボンド辞職後に00部門に配属されたNomi(ラシャーナ・リンチ)が使っている設定のようだ。公用車なのか私用車なのかは不明。本作では劇中で4台のアストンマーティンが使用されているという。“スーパーカー”のヴァルハラはどのように登場するのか?まだ謎のままだ。

『マンダロリアン』第4話 間もなく配信開始



『マンダロリアン』第4話の配信開始を控えて神回第3話のプレイバック。胸熱落涙のクライマックスもさることながら、帝国の残党ヴェルナー・ヘルツォークがマンドーへの報酬として取り出してきたこのケース。これが見たまんまでアイスクリームメーカー丸出し(笑)。もう心臓が飛び出すかと思った。わかるひとにはわかる、『帝国の逆襲』からの楽屋落ちだ。



『マンダロリアン』第4話はこれまでの西部劇風味から一転、おぉこれは!の時代劇。引用されている作品は見ればイッパツでわかる。毎回のお楽しみ、旧シリーズからはアレが登場。思わず声が出た。監督は女優でもあるブライス・ダラス・ハワード。今回もベイビーヨーダに悶絶必至で木曜深夜の配信開始。

神回認定『マンダロリアン』第3話



満場一致で神回認定の『マンダロリアン』第3話。これがなかなか難物で暗いシーンばかりが続く。レイザークレストでのベイビーヨーダとのやり取りや帝国軍残党のアジトでのトルーパーとの銃撃戦。そしてマンダロリアンオールスターズとバウンティハンターたちの大乱戦。視聴環境は整えたい。ベイビーヨーダには愛情や父性を感じる以上に身寄りのないもの同士なんだという思いがマンドーには強いのだろう。頻繁に回想シーンが挿入されているように両親を帝国に殺されて孤独だった子供の頃の自分の姿も重ね合わせている。どことなく寂しさもある夕暮れのカットが多用されているのも象徴的だ。我らの道。

Apple Music



年末にスマホをiPhoneに換えたらauのキャンペーンでアップルのサブスクリプションサービス、Apple Musicが6月までの半年間無料で聴けるようになった。これ、iPhoneのデフォルトの設定のままだとえらくひどい音がする。ところが①高品質ストリーミングモードに変える②イコライザをClassicalに変える。これだけで鼻歌が出るくらいまで気持ちよく聴けるようになる。ウチではiPhoneからサウンドシステムに組み込んであるApple TV4Kにミラーリングで音を飛ばしているけれどぜんぜんOK。音源用に提供されているマスターのクオリティ次第だがCDレベルで楽しめる。

BOND YEAR 2020



シネスコ

館主:酒井俊之

Apple TV 4K (32GB)


Amazon 4K ULTRA HD STORE

007 ダニエル・クレイグ 4K UHD BOX
007/スカイフォール

007 ダニエル・クレイグ 4K UHD BOX
007 ダニエル・クレイグ 4K UHD BOX

ジョーカー
ジョーカー

刺青 4K デジタル修復版
刺青 4K デジタル修復版




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    01 2020
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Archive RSS Login