WOWOWで民川裕司3部作一挙放送



WOWOWで『すかんぴんウォーク』『ユー★ガッタ★チャンス』『テイク・イット・イージー』。そこそこに気恥ずかしさもある、それが正しいアーリー80's。マスターのレストアとグレーディングは完璧だ。特に音の鮮度に驚く。



試写会で観た『すかんぴんウォーク』。最寄り駅で大森一樹監督を見かけ舞台挨拶の時間が迫っていたので急ぎ足で一緒に会場へと向かったこと。映画が終わるとスクリーンが上がりいきなり吉川晃司が「モニカ」を歌い出したこと。思い出のある作品だがなぜ試写状があったのか憶えていない。わざわざ応募したか??垢抜けない吉川晃司、自主映画っぽさの抜けない大森一樹作品だなぁと当時は思っていたがこの『すかんぴんウォーク』がいま一番面白い。



『ユー★ガッタ★チャンス』は『007/ロシアより愛をこめて』の好きな大森一樹監督がやっちゃいましたのガンバレルで始まる。オープニングだけでなくエンディングも“JAMES BOND WILL RETURN”をもじったエンドクレジットで〆る。007シリーズへのオマージュというよりも…やりたかっただけやろ(笑)。

『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』ニューマスター版



WOWOWで『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』吹替補完版。なんとこれが新マスターだ。2Kテレシネ版から(おそらく)4Kスキャニング版に変わっている。旧版は絵にバラツキがあったが新版は全編をフィルムトーンで統一。シーンによってはかなり印象が違う。2015年にDVDのみでリリースされた『テレビ吹替音声収録 HDリマスター版』 と同じマスターかもしれない。



Amazonプライム版とiTunes Store版をチェックしてみたところ世代は不明だが(おそらく旧マスターだろう)どちらもシネスコから16:9にトリミングされているので却下。さてこのニューマスター版、4K UHDあるいはBD化されるのか否か?

NHK BSプレミアム版『ターミネーター2』



念のために、と録っておいたNHK BSプレミアムの『ターミネーター2』。これ国内では未パッケージ化の最新のマスターじゃないか。今回がおそらく初のオンエア。バイクチェイスのシーンでもスタントマンからシュワちゃんにちゃんと顔が修正されている。またT2かよ!ってスルーしたひとは多そう。リピート放送を待とう。

『スター・ウォーズ』劇場公開版DVD



DVDでしか観ることが出来ない作品の最右翼は『スター・ウォーズ』劇場公開版(&劇場用日本語吹替版)だろう。特典扱いのレターボックス収録。レストアもされていないしノンスクイーズだとPS3でアップコンバートしてもさすがに限界はある。さて“隠し玉”としてディズニーからのリリースがあるのか否か。

『十階のモスキート』



未BD化作品でなおかついっこうにHD放送されない『十階のモスキート』。DVDがいい値段になったのでこの機を逃さずにオーダーした。1983年公開の崔洋一第一回監督作品。主演・脚本の内田裕也をはじめアン・ルイスやキョンキョンなど出演者も多彩だが…ほとんどポルノ映画(笑)。PS3によるDVD再生。アップコンバートの弊害はジャギーや輪郭補正の強調となって表れるが本作でのジャギー感は皆無。引き絵で少々シュートっぽさを感じるカットがあるものの“アプコン感”が気になるほどではない。俳優陣の顔の色艶もよく出ている。調整用のグレーチャートも収録。

PS3のアップコンバート再生で…『刺青』のDVD。



『刺青』のDVDをPS3でアップコンバート再生。邦画の時代劇ほどジャギーの出やすい絵面はない。着物の格子柄などパナのDMP-UB900をもってしても絵の一部がざわつくところをPS3は粘る。シネスコの100インチサイズでの鑑賞にもなんとか耐え得るが70インチ程度に抑えればベスト。HD映像に見える。

PS3の超絶アップコンバート、再び。



2000年にリリースされた旧マスター版の『犬神家の一族』DVD盤。ブルーレイやオンエア用に使われている2006年版の新マスターよりも解像度が高い。グレーディングも大きく異なる。この旧マスターはいまでは“封印”されているので観ることが出来るのはDVDだけだ。PS3のアップコンバートでロングショットもくっきり。

『ゴッドファーザー 特別完全版』



未DVD・BD化の『ゴッドファーザー 特別完全版』のVHSをサルベージ。実家にLDボックスは残してあるがLDプレーヤーはもうない。ビデオデッキはいまも稼働中。これで好きな時に観れる。『ゴッドファーザー』と『PART II』を時系列順に再編集、47分の未公開シーンを追加した計422分。上・中・下巻セットで300円也だ。

『夜叉 4Kデジタルリマスター版』



日本映画専門チャンネルで初放送の『夜叉 4Kデジタルリマスター版』。先にオンエアされた『駅 STATION』のデジタルリマスター版も素晴らしかったがその印象を凌ぐ。昨年の「午前十時の映画祭8」で上映された4Kマスターからのダウンコンバートなのだろう。シーンが変わるたびに思わず感嘆の声があがる。レストアとグレーディングが完璧。日本海の美しい色が出てきた。漁村のロングショットも緻密だ。しかも音も従来とは別素材からのリマスターではないか?台詞とスコアの鮮度に驚く。旧マスターと同じくモノラルトラックだが団子になっていた劇伴がほぐれているのだ。



スタイリッシュだが土着的。健さん流のフィルムノアールの世界がこれで見事に再現された。

なんちゃってカーブドスクリーン



“なんちゃってカーブドスクリーン”。



これはプロジェクターの「歪み補正」機能を使って疑似的に映像を湾曲させている。ただし上下だけでなく左右も内側に歪む。



この「歪み補正」はMAXで効かせるよりも、左右のラインの歪みが目立たない程度に少々控え目にするとよい。ワーナーからリリースされているシネラマ作品の“スマイルボックス”仕様のような雰囲気だ。
シネスコ

館主:酒井俊之

Apple TV 4K (32GB)

FireTV Cube

Amazon 4K ULTRA HD STORE

ブルース・ブラザース
ブルース・ブラザース

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

ハンターキラー 潜航せよ
ハンターキラー 潜航せよ




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    07 2020
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Archive RSS Login