エウミール・デオダート!


エウミール・デオダートの「オス・カテドラーチコス 73」(1972)。


レコードではなくCD盤ですが、これもまたウチでは“無人島”系のアルバムです。いまだに“超”がつくほどのヘビロ盤ですので、これまでさんざんレコード盤も探していました。ところがめったに現物が出てきませんし、(登場しても価格は¥10000ほどとかなり高額)タイミング良く、安く、状態がいいものと出会えないかと、ここのところは店頭でも必ず在庫を確認するのが習慣になっていました。というわけでこの週末、金・土・日曜とかけて池袋の豊島区民センターで始まった、恒例のCD&レコードフェアにもさっそく出掛けてきました。


およそ一時間、じっくりと会場のエサ箱を漁って見つけた一枚です。同じデオダートのアルバムでも、これはイタリアのIRMAレーベルからリリースされていた「Skyscrapers」(2002)。このジャケットにはなんとなく見覚えがありましたが、現物を手にするのは初めて。収録曲にも何曲かは馴染みのあるタイトルが並んでいましたし、価格も¥1050と安かったのでひとまず購入しておきました。

Skyscrapers [12 inch Analog]Skyscrapers [12 inch Analog]
(2002/11/11)
Deodato

このアルバムの詳細を見る

ところが!ウチに帰ってレコードに針を落としてみてビックリ!このレコード、タイトルもジャケットも違いますが、アルバムの内容はなんと「オス・カテドラーチコス 73」とまったく一緒。これならCDとレコードでは英語表記、ポルトガル語表記の違いこそあれ、そりゃ馴染みのあるタイトルが並んでいるハズだ。いやぁ~これにはぜんぜん気づかなかったなぁ。しかもこのレコードなら難なくAmazonで手に入るし(汗)。というわけで、もし「オス・カテドラーチコス 73」のレコード版をお探しの方がいらっしゃれば、今ならこの「Skyscrapers」がお薦めです。


これはウチのデオダート・レコードコレクション。「the bossa nova sessions vol.1」「the bossa nova sessions vol.2」は今回購入した「Skayscraper」と同じく、IRMAレーベルからリリースされていたデオダート初期作品からのベスト盤。それぞれどちらも2枚組です。右端のアルバムはCTIレーベルでの代表作「ツァラトゥストラはかく語りき」(1972)。A面ラスト、カーリー・サイモンとキャロル・キングに捧げた♪「カーリーとキャロル」は「Skayscraper」に収録されているアレンジよりもこちらのバージョンの方がグルーヴィーでノリもいい。


そしてこのレコードは、前回のCD&レコードフェアで安く手に入れることが出来た夏の定番「ラヴ・アイランド」(1978)。池袋の中古レコード市では、どういうわけかデオダートの良盤に縁があるようです。

ツァラトゥストラはかく語りきツァラトゥストラはかく語りき
(2009/11/26)
デオダート

このアルバムの詳細を見る

♪「カーリーとキャロル」♪「セプテンバー13」を試聴してみて下さい。踊れるバリバリのジャズ・ロックです!
シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

09 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive RSS Login