「八甲田山」&「夜叉」

いやぁ ここのところ寒くなりましたねぇ。東京でもグッと寒い。


日本映画のなかでも、最も寒さを感じさせる映画と言えばこの作品しかないでしょう。レコードを聴くなら、まさにこの時期しかないんですが、でも聴くと余計に寒くなるのであまり聴きたくはない「八甲田山」(1977)。もうジャケ帯の「八甲田山」という文字を見るだけで寒い(笑)。音楽の担当は、右端の写真でタクトを振る芥川也寸志。氏の代表作とも呼べるとても美しいスコアなんですが、ところがその静謐さゆえに、映像抜きでレコードだけを聴いていると、必ず片面の途中で眠くなってしまうというのが少々難点かも。映像がないとなんだか退屈だ。しかしそういう映画音楽のあり方もまた、優れたスコアのひとつのかたちではあるでしょう。

八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]
(2004/06/23)
高倉健、北大路欣也 他

この作品の詳細を見る

昭和を代表するオールスターが集結。もう今の日本では絶対に作ることが出来ない、忘れられない一本です。


寒さに耐え、雪の中にじっと佇む健さんの姿は、やはりこの季節ならでは。「駅」「八甲田山」とくれば、この「夜叉」(1985)も忘れるわけにいきません。なにがなんでも健さんの任侠映画の決定打となる作品を!と少々肩の力が入り過ぎたのか、映画の方はいくぶんスタイル先行になってしまったきらいがありましたが、健さんの映画のサントラ盤としては、「冬の華」と並んでこの「夜叉」も断トツの出来と言ってしまっても差し支えないと思います。音楽はトゥーツ・シールマンスと佐藤充彦が担当し、ナンシー・ウィルソンの唄う主題歌はタケカワユキヒデによる作曲。質の高いジャズ・アルバムとしても楽しめる一枚です。もちろん雪の風景がピッタリとくるアルバムに仕上がっていますが、ジャジーなトーンは夜のシーンにもいい。ウチでは季節に関係なく聴いています。なかでも主題歌♪「ウィンター・グリーン、サマー・ブルー」のインスト版となっているM6の♪「雪が舞う」は、トゥーツ・シールマンスならではの哀愁のあるのハーモニカと口笛が絶品。

夜叉夜叉
(1999/06/23)
サントラ ナンシー・ウィルソン 他

このアルバムの詳細を見る

中古レコードはネットショップで購入。¥600なり。CD版は廃盤になっていて入手困難になっています。
テーマ映画音楽 ジャンル映画
シネスコ

館主:酒井俊之

Apple TV 4K (32GB)

FireTV Cube

Amazon 4K ULTRA HD STORE

ブルース・ブラザース
ブルース・ブラザース

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

ハンターキラー 潜航せよ
ハンターキラー 潜航せよ

ジョーズ
ジョーズ

地獄の黙示録 ファイナル・カット
地獄の黙示録 ファイナル・カット




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    01 2011
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Archive RSS Login