ドルビーアトモス化 計画(5)



ヤマハのシネマDSP。トップスピーカーの設置→YPAO(視聴環境最適化システム)→『フォードvsフェラーリ』→トップスピーカーの設置変更→YPAO→『ハンターキラー 潜航せよ』→トップスピーカーの設置変更→YPAO→『フォードvsフェラーリ』『ハンターキラー 潜航せよ』…この一週間はこればっかりやっている。



ドルビーアトモスシステムのためのトップスピーカーのセッティング。出来るだけ天井に近い位置に設置した方がサラウンド効果が高いことがわかったのでスピーカーをこれまでの横使いから縦使いに変更。(面倒だけれど)キャビネット背面のL字アングルを付け直した。これで少しは高さが稼げるようになる。

ドルビーアトモス化 計画(4)



ヤマハのシネマDSP。作品によってサラウンドモードを「Sci-Fi」にするか?「アドベンチャー」にするか?迷うことはそこそこにある…というのも昔の話。シーンごとに勝手に最適な音場効果を付加してくれる「SURROUND:AI」が予想以上に優秀で感心させられている。もうこれで十分じゃないかという印象だ。

ドルビーアトモス化 計画(3)



ドルビーアトモス システムのためのセッティング。いま試聴を繰り返してトップスピーカーの取り付け位置を探っている。ウチはセンターレスでサブウーファーをメインスピーカーと組み合わせた“4.0.2”システム。トップスピーカーは“オーバーヘッド”モードだ。AVレシーバーのエージングも兼ねて…しばし試行錯誤が続く。

キャプチャ4

セッティング用のリファレンスとして使っているのは『ハンターキラー 潜航せよ』。US iTunes Storeのドルビーアトモス版だ。今ならホリデイシーズンのセールで$7.99。

ドルビーアトモス化 計画(2)



AVレシーバーをシアターに常設することになるのはおよそ10年ぶり。ヤマハ製ともなると実に25年ぶりだ。さぁドルビーアトモス アトモス。

ドルビーアトモス化 計画(1)

unnamed - コピー

先日のヤマハの新AVセンター RX-V6Aの視聴記事をもとにドルビーアトモス システム用のトップスピーカーをサクッと設置してみた。100円ショップ製のL型アングルをスピーカーキャビネットの背面に直接取り付けている。強度的にも問題はない。L型アングルを使ってスピーカーを吊り下げるとバッフル面に傾きをつけて設置することが出来る。簡単で安上がりな方法だ。

『マンダロリアン』 チャプター12「包囲」



『マンダロリアン』チャプター12「包囲」。最初から最後までめちゃめちゃ興奮した。アクションシーンもふんだんでユーモアもたっぷり。『スター・ウォーズ』感が半端ではない。シーズン2のなかではいまのところこれがベストエピソードだ。カール・ウェザース監督 やるじゃん!

「ストリーミングサービス攻略術」



iTunes Storeの開始から10年。NetflixやAmazonプライムビデオの“黒船の襲来”から早や5年。月刊「HiVi」12月号は「ストリーミングサービス攻略術」特集だ。配信サービスの楽しみ方からApple TV4Kのクオリティアップのための取り組み方まで網羅。今もっとも詳しく紹介・解説されているのではないかと思う。きょうから始める動画配信入門としてオススメ。

『未知との遭遇』 ドルビービジョン版

キャプチャazs

いまUS iTunes StoreはSci-Fi映画特集。このジャンルは気になる作品が多く目移りする。『未知との遭遇』は4K UHD盤のHDR10とは違いドルビービジョン仕様。「ファイナルカット」「特別編」「劇場公開版」の3ver.+iTunes Extra(特典映像)で$4.99のセール中だ。

「黒澤明の映画はこう作られた」



NHK BS1で「黒澤明の映画はこう作られた」。これは久々に見応えがあったなぁ。黒澤監督の「私の監督方針大要」をはじめ初出しの映像や音声も多い。山﨑努が『天国と地獄』を語る!黒澤を語る!インタビューというよりも独白劇のようだった。息を呑み引き込まれた。12日(木)20時より再放送あり。

『V フォー・ヴェンデッタ』 4Kドルビービジョン版



11月5日。なにがあったか思い出せ!決起せよ!というわけでUS iTunes Storeの『V フォー・ヴェンデッタ』。疫病が流行る。独裁と分断。混沌とした世界。これほど物語がリアルに感じられることは今までなかった。4Kドルビービジョン&ドルビーアトモス版。本編だけでなく新規の特典映像にも字幕が入っている。$9.99。

NHK BS4K 『スター・トレック』 シリーズ



NHK BS4K「4Kシアター」。7日(土)の『スター・トレック』から始まり21(土)は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』。月を跨いで12月5日(土)の『スター・トレック BEYOND』へと続く。BS4Kも来月から3年目に突入する。メダマ作品を投入するはずの年末年始が大リピート大会では先が思いやられる。

『刺青 4K修復版』



ムービープラスの「2ヶ月連続!若尾文子SP」。10月の『卍』に続いて11月はいよいよ『刺青 4K修復版』のオンエアだ。先にリリース済みのBD盤で観るレストアとグレーディングは完璧。4Kスキャニングによって新たに制作された大映作品の4Kマスター版のなかでもトップクラスの出来映えになっている。必録。

「ジェームズ・キャメロンのSF映画術」



ムービープラスで「ジェームズ・キャメロンのSF映画術」EPISODE1。番組に登場する監督や俳優陣は多彩。興味深いエピソードやコメントはあるものの、どことなくメイキング映像を繋ぎ合わせたような印象でやや散漫。見終わると「で?つまり?」といった感じになる。この企画・構成だと50分は長い。来年1月まで全6話の放送予定。

iTunes Store 『V フォー・ヴェンデッタ』

キャプチャvbn

iTunes Storeの『V フォー・ヴェンデッタ』。USに先駆けて4Kドルビービジョン&ドルビーアトモス版にマスターが差し変わった。早い早い。北米盤4K UHDのリリースと同じタイミングだ。この作品は字幕だけでなく吹き替えもいい仕上がり。日本語音声もあった方が良い。国内盤4K UHDは12月2日のリリース。

初代 ジェームズ・ボンド 逝く。



初代ジェームズ・ボンド逝く。



昨夜から訃報を伝える主要TV各局のニュース番組をチェックする。全局とも“007”の読みは“ダブルオーセブン”で統一。NHKは英国BBCに倣いサー・ショーン・コネリーが出演したボンド映画は“7本”(『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を含む)と紹介。なかには意外と珍しい映像を使っている局もある。
シネスコ

館主:酒井俊之

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

ヒート
『ヒート』

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚(168円/枚)

バッファロー BD-R 50GB 50枚
バッファロー BD-R 50GB 50枚(147円/枚)

バッファロー BD-R 25GB 50枚
バッファロー BD-R 25GB 50枚(41円/枚)

11 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Archive RSS Login