『浮草 4Kデジタル修復版』



NHK BS4Kで『浮草 4Kデジタル修復版』。パナソニックの4Kレコーダーで録るのは初めてだ。プロジェクターが変われば画調も変わる。ソニー機はJVC機よりもモニター調で彩度も抑え気味になる。ブルーレイ盤のジャケ写のトーンにも近い。レストアされた4Kマスターのグレーディングの際にイメージしたアグファカラーの色調はおそらくこんな感じなのだろう。さて2月のNHK BS4K「4Kシアター」は『マトリックス』3部作のリピート放送。大映作品が別枠で登場するのかも?と期待していたけれどその予定はないようだ。

日本映画+時代劇4K



2月の日本映画+時代劇4Kでは『動乱 4Kデジタルリマスター版』をピュア4Kでオンエア。となると3月『八甲田山 4Kデジタルリマスター版』4月『夜叉 4Kデジタルリマスター版』も4K版で放送されるかもしれない。ウチも4Kレコーダーを組み入れた。そろそろ左旋対応アンテナへの付け替えを検討してみるか。

WOWOW4K 『東京物語』

キャプチャww

3月開局のWOWOW4K。番組表を見てみると4K作品には“4K”の表示がある。表示のない作品はアップコンバート版だ。3月のメダマは『東京物語』か。WOWOW4Kはアップコンバート版も含め松竹作品が目立つ。既に4Kマスターが存在している小津安二郎監督作品のオンエアがこれからも控えているのかもしれない。

サイドショウ謹製ミュトス版オビ=ワン・ケノービ



サイドショウ謹製ミュトス版のオビ=ワン・ケノービ。eBayでめちゃ安になっているのを見つけてついポチる。背中に背負った携帯型水分凝結機の先端のパネルが1枚欠損しているのだがぜんぜんOK。前からずっとジオラマ撮影用に狙っていたのだ。『スター・ウォーズ』 エピソード3からエピソード4に至るまでの間、放浪するケノービ=アレック・ギネスを模している。同梱のパーツも豊富。いろいろ遊び甲斐がある。



自作版のミュトス風オビワン・ケノービ。ちょっと若いアレック・ギネスのヘッドはハズブロ版、ちょっと老いたユアン・マクレガーはS.H.Figuarts版を流用。ボディはハズブロ製だ。なんとなくそれっぽい感じにはなっているけれどミュトス風に仕上げるにはパーツを集めるのになかなか手間がかかる。



USからの到着が待ち遠しい。

『ダークナイト』 NHK BS4K版



ソニー機のプロジェクターで初めて観る『ダークナイト』NHK BS4K版。いかにもDCP!といった印象の色調だ。オンエア版でも精細感とフォーカス感はさすが。チューナーとレコーダーもパナソニックのDMR-SCZ2060に変わっている。ここ1か月ほどパラメーターを弄ってみたけれど、結局メーカープリセットのセッティングに戻ってきた。いまは却ってこれがシネコンで映画を観ているという気分になるのでよしとする。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 公開延期



『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開日は2021年10月8日に延期、と発表になった。詳細は今のところ不明。おそらくこれは英国での公開日、ということなのだろう。配信+劇場公開というスタイルもありか?とは思っていたのだけれど、ビジネスもさることながら “これは劇場公開に拘るべき作品だ” というEONの強い意志の表れだと解釈している。個人的には試験はとっくに終わっているのになかなか答案用紙が戻ってこない、そんな感覚だ。日本での公開はいつなのか?追っての情報を待とう。

JVC製のDLPプロジェクター考



Stereo Sound ONLINEでJVC製のDLPプロジェクター考。LX-UH1は追い込めばD-ILA機に近いJVCらしい絵に近づけることが出来るという手応えはあった。いっぽうLX-NZ3は手強い。“白”は『帝国の逆襲』の惑星ホスのシークエンスなどでも確認した。記事でも触れたように思いのほか水銀ランプのトーンにすっかり目が馴染んでいるのだなと感じた次第だ。

NDフィルター考



覚悟はしていたけれど…プロジェクターをJVC製からソニー製にリプレイスすると“黒”の見え方をどうするか?モヤモヤもするしパラメーターの設定で迷う。1か月ほど使ってみてNDフィルターを組み合わせることにした。これで黒や暗部の見え方を変えようという魂胆だ。



フィルターはND2/ND4/ND8の3枚セットを購入。プロジェクター台にクリップ式のカメラスタンド+リング式の三脚座を固定してレンズホルダーにしている。フィルターの着脱や交換も簡単。それぞれのフィルターを一枚づつ試してみたところ、ウチではND2を組み合わせるのが良さそうだ。



フィルターを入れると画にすっと落ち着きが出る。階調表現も損なわれない。ND4はSDR映像ならイケるかな?という印象もあるけれど、HDRの効果や全体のコントラスト感との兼ね合いから判断するとND2が妥当だろう。ND8やND2+ND4になるとさすがに絵に力がなくなってしまう。設置に際してはアナモフィックレンズほどシビアになる必要はないのではないか?ただし①投射した時にレンズのリングでケラレが出ないようにする②レンズと平行に設置する。この2点は要注意。フィルターを外してみると画が軽く感じられるのだから不思議だ。

「日本エコー遺産紀行 ゴスペラーズの響歌」



NHK BS4K「日本エコー遺産紀行 ゴスペラーズの響歌」。5.1ch音源を8ch再生(フロント+サブウーファー/トップ/サラウンド/サラウンドバック)で聴いた。サラウンドしてる?思わずそれぞれのスピーカーに耳をあてて確認したほどの自然な包囲感。高さもよく再現されている。ライブ作品と同様にミックスで音の定位は変わらないので、移動撮影やカメラのパンを使ったカットが入るとどうしても違和感がある。8Kでの収録でもあるし、思い切ってすべてフルサイズのフィックス撮影でも良かったのではないか。駒込の銭湯の響きが気に入った。

ムービープラス 『刺青 4K修復版』



パナソニックの4Kレコーダー DMR-SCZ2060で初めて録るムービープラスの『刺青 4K修復版』。やはり新しいチューナーは正義だ。若尾文子の肌!プロジェクターもソニーに変わっているので昨年の初放送時とは明らかに画調に違いがある。ただし暗い室内、ナイトシーンなどは暗部や黒をJVC機並みに締めたい。(が…限界がある)ここはNDフィルターの併用を考えてみよう。

DMR-SCZ2060



パナソニックの4Kレコーダー DMR-SCZ2060が到着。これで2010年からフル稼働していたDMR-BWT2100もいよいよ引退となる。内蔵のHDDは今となっては笑っちゃうほど少ない1TB。録って焼いて10年間よく頑張った。(でもまだ使える)デジタルハイビジョン時代とは違い4K放送はほとんどが“録って消し”。ウチでは初代機のスペックで十分、という感じだ。

日本エコー遺産紀行 ゴスペラーズの響歌

キャプチャcde

16日(日)のNHK BS4Kは「日本エコー遺産紀行 ゴスペラーズの響歌」。日本各地の独特な響きのする場所を響きマニアのゴスペラーズが訪ね「エコー遺産」に認定する。エコー遺産(笑)。音と響きにこだわった企画が面白い。久々の要サラウンド再生案件だ。午後11時07分よりオンエア。

『ヒッチャー』北米盤DVD



映画館に行ったつもりで『ヒッチャー』北米盤DVD。新システムでの再生は初めてだ。映像はSDからHDにアップコンバート。ドルビーデジタル5.1chサラウンドはアップミックスでトップスピーカーも鳴らして上映する。プロジェクター側でMotionflowを“スムース 弱”。シーンによってマスターのコンディションにばらつきはあるけれどこれで見かけ上の鮮明さは出てくる。レストアされたニューマスター版はもちろん気にはなるが…まぁとにもかくにも今はウチでゆっくり観れるだけでもよしとしたい。Stay Home!

DMR-SCZ2060



縁あってパナソニックの初代4Kレコーダー DMR-SCZ2060を譲り受けることになった。もっぱらBS4Kは今のところ“50点”という感じだ。放送開始からの丸々二年を振り返ってみると、ウチ的には『雪之丞変化』『浮草』『おとうと』など大映の古い作品さえあれば事足りている。洋画のほとんどは4K UHD、『男はつらいよ』もiTunes Storeで4K版が手に入る。あとのお楽しみは大晦日の「紅白歌合戦」くらいか。そろそろガツン!とくるような目玉作品が欲しい。

BOND YEAR 2021



みなさまあけましておめでとうございます。
本年も変わらずのご愛顧のほどよろしくお願い致します。
打倒コロナ!打倒スペクター!今年こそ劇場でお会いしましょう。


シネスコ

館主:酒井俊之

2021 Apple TV 4K
2021 Apple TV 4K(32GB)

Amazon 4K ULTRA HD STORE

「大魔神封印函」4K修復版 Blu-ray BOX
「大魔神封印函」4K修復版 Blu-ray BOX

劇場版
劇場版"サンダーバード“メモリアルBOX

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚(168円/枚)




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    01 2021
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Archive RSS Login