企画盤 「ゴールデン洋画劇場」


というわけで、池袋のCD&レコードフェア。結局、購入したのはデオダートのレコードだけでしたが、映画音楽関係でも何枚か、目を惹くディスクがありました。まずは「黒澤明の世界 リアルサウンドトラック 赤ひげ/天国と地獄」。ここのところ、たびたびコメント欄のなかで登場していた“ストーリー盤”です。現物は初めて目にしました。ただしネットショップの倍近い価格だったので、今回はひとまず見送り、ということに。(調べてみるとこのレコードは「黒澤明映画音楽完全盤 中巻」というCDボックスの特典としてCD化して収められているようです)

そしてもう一枚、「おっ!」と気になったのは「ゴールデン洋画劇場」というタイトルの企画盤。その存在は情報としては知ってはいたのですが、現物を見るのはこれまた初めてのこと。アルバム自体は映画音楽のオムニバスになっていて、全曲がカバー版ですので特にこれといった旨味もないのですが、アルバムのタイトルの通り、なんとA面の1曲目に「ゴールデン洋画劇場」のオープニング曲が収録されています。この企画盤はシリーズになっていて、他にも「月曜ロードショー」「水曜ロードショー」「日曜洋画劇場」と揃えられていますが、いずれも“メダマ”となる番組のオープニング曲やエンディング曲は、収録されていないか、もしくは収録されていてもカヴァー版になっています。レコードの企画としてはいいんだけど、そこがなんとも残念!というわけで、この「ゴールデン洋画劇場」も持っていればそれはそれで話のネタにはなるのですが、キャッチ&リリース。



ところでこの「ゴールデン洋画劇場」という企画盤のレコードは、もう一種類、存在しています。こちらも映画音楽のカバー版によるオムニバスで、同じくA面の1曲目には番組のオープニング曲が収録されています。(このシリーズには「月曜」「水曜」「日曜」版はありません)では、池袋の中古市で手にした同じタイトルのレコードとどこが違うか。どうもこちらのレコードに収められている番組のオープニング曲は、カバー版ではなく、実際にオンエアに使われたバージョン、つまり“オリジナル・サントラ版”らしいのです。ならばこれは是非聴いてみたいし、手元にも置いておきたい。実はこのレコード、たまたまなのですが先週、既にネットショップ経由でオーダー済みで、その到着を待っているところなのです。(このレコードの在庫がなければおそらく池袋の中古市でカバー版を先に買っていたかも知れません)もちろん、収録されているオープニング曲は80年代の“和田誠版”よりも前、70年代の“初代版”です。おそらく明日には届くはずですので、追ってレポートしたいと思います。ドキドキ。

イマージュ10 emotional&relaxing(Blu-spec CD(TM))イマージュ10 emotional&relaxing(Blu-spec CD)
(2010/01/27)
オムニバスセイント・ヴォックス

このアルバムの詳細を見る

「ゴールデン洋画劇場」、今日は金曜日じゃないぞ、日曜日だぞというわけで、このCDには「日曜洋画劇場」のエンディングが収録されています。どういうわけか収録曲リストには掲載されていませんが、試聴プレーヤーを起動すると11曲目に収録されてます。タイトルは♪「So In Love」。憂鬱な気分になってみて下さい(笑)。
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

09 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive RSS Login