「BONDD23」公開情報!

シネマトゥデイからの速報&吉報!です。

『007』最新作が2012年11月に世界同時公開されることが正式発表! 
ダニエル・クレイグがボンド役に帰還!


映画『007』シリーズ最新作が、再びジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグを迎え、2012年11月9日に世界同時公開することが発表された。この発表は『007』シリーズを製作してきたEON(イーオン・プロダクションズ)のマイケル・G・ウィルソンにバーバラ・ブロッコリ、そしてMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)のゲイリー・バーバーとロジャー・バーン・バウムによって行われたもの。これにより、昨年から再開が予定されていたシリーズ23作目の製作が、本格的に始動することになった。

監督は以前からこの新作ボンド映画製作に関わってきた映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のサム・メンデスが務め、脚本は『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』を皮切りにこれまでのボンドシリーズを手掛けてきたニール・パーヴィスとロバート・ウェイドに『ラスト サムライ』のジョン・ローガンが執筆する。また、クランクインは2011年後半になる予定で、ストーリーを含めた本作に関する詳細は明らかになっていない。

製作スタジオであるMGMの財政危機問題により中断していたシリーズの復活に名匠サム・メンデス監督の残留。さらに、何といってもダニエルのボンド復帰と、シリーズファンにはまさに朗報といえるこの発表。新たなボンドのミッションは? そしてボンド・ガールは誰が務めるのか? など、続報が待たれるところだ。

2011年1月12日 14時13分


これはイオン・プロダクションと、スパイグラス・エンターテインメントの傘下に入ったMGMからの正式な発表ですので、間違いのないニュースだと思います。(※記事中に登場している“MGMのゲイリー・バーバーとロジャー・バーンバウム”の両氏は、共にスパイグラス・エンターテインメントの創始者であり最高責任者でもあります)ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド続投という決定も嬉しいけれど、当初の予定通り、サム・メンデスがメガフォンを執るというのもやはり大きな楽しみです。ということは(今やプライベートでもクレイグと熱愛中と噂のある)レイチェル・ワイズが、Quantum=クァンタムの幹部を演じるというキャスティン・グプランも、もしかしたら有り得るのかもしれません・・・。とにもかくにも2012年という年は、1962年に007シリーズがスタートしてからちょうど半世紀、50周年という記念すべき大事な“BOND YEAR”。このままスケジュールに遅れが出ることなく、無事に公開初日を迎えて欲しいものですね。

ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray]ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray]
(2010/05/21)
トム・ハンクス ポール・ニューマン

この作品の詳細を見る
関連記事

Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

4K単体チューナー
パナソニック 4K単体チューナー TU-BUHD100

4K単体チューナー
シャープ 4K単体チューナー 4S-C00AS1

4K単体チューナー
東芝 4K単体チューナー TT-4K100

4K単体チューナー
ソニー 4K単体チューナー DST-SHV1

シャイニング 北米公開版
シャイニング 北米公開版

カイロの紫のバラ
カイロの紫のバラ




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    09 2019
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    Archive RSS Login