「金田一耕助のエピローグ」、再始動。

3月の末にリリースされた「獄門島」の復刻版CDから続けて、翌月の4月には登場するはずだった「悪魔の手毬唄」の復刻版CD。これまで、発売の延期延期を繰り返してきましたが、いよいよ7月6日のリリースということでプロジェクトが再び進み出したようです。

悪魔の手毬唄 オリジナル・サウンドトラック盤<br>(紙ジャケット)悪魔の手毬唄 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)
(2011/07/06)
サントラ

このアルバムの詳細を見る

この“金田一耕助のエピローグ”シリーズ。ちょうど「獄門島」がリリースされたタイミングで、これはメーカーの担当スタッフから直接話を聞いて記事に出来ないかと思い立ち、まずは電話で軽くインタビューをしてみたところ、以前にもお伝えしたように“幻の総劇伴集”のリリース計画が控えている!というビッグニュースを教えてくれました。よし、これはもっといろいろ話を聞いてまとめれば、きっと面白い記事になるぞ、と思っていたその矢先、自身も相当な金田一耕助シリーズのファンらしい、そのメーカーの担当者が突然退職(!)されてしまったのです。

獄門島 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)獄門島 オリジナル・サウンドトラック盤
(紙ジャケット)

(2011/03/23)
サントラ

このアルバムの詳細を見る

こういった企画、いわば担当者の熱意だけで進んでいるようなプランの場合、担当者の不在と共に、そのままプロジェクトそのものも頓挫してしまうことも少なくない。案の定、次に控える「悪魔の手毬唄」の4月の発売は延期。当初は予定よりも1ヶ月遅れの5月末にはリリースをするという話も聞いていたのですが、やはりこれも延期。その後、リリース日がなかなかアナウンスされないまま、もしかしてこのシリーズは「獄門島」で打ち切り!?でも権利元の東宝レコードとの契約云々といった問題もきっとあるだろう?と勝手にヤキモキしていたら、ようやく「悪魔の手毬唄」のリリースが決定!というニュースが入ってきた、というわけです。あぁ…やれやれ。いまのところ、「獄門島」「悪魔の手毬唄」の“総劇伴集”のプランも引き続き進行しているようです。ひとまずは、これからの展開を楽しみにしていましょう。
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

09 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive RSS Login