新シアターのサウンドシステム

プロジェクションシステムだけでなく、サウンドシステムもひとまずまとまりました。この機会にシアターのレイアウトを変更し、AV機器系は視聴位置の前に設置。


(写真:左)OPPOのユニーバーサル・プレーヤー BDP-95をメインに、以前使っていたビクターのVOSSブランドのグラフィックイコライザー、PS-G152Bを組み合わせています。BDP-95の音の強さ、絵の強さにはサンスイよりもVOSSの方が相性が良い。ラックの最下段にあるのがBDレコーダーのパナソニックDMR-BWT2100。その横に見えるのがDVDO EDGE GREENです。(写真:中)管球式ステレオプリメインアンプのSPARK530。(写真:右)テクニクスのレコードプレーヤー SL-1200Limited。


このレイアウトだとグライコのパラメーターも手許で操作できますし、なによりレコードの掛け替えが楽。BDP-95が加わったことで、ハイレゾ音源の再生が可能になったのもサウンドシステム面での大きなトピックです。


アナモフィックレンズホルダーの底面に約2㎜厚の角材を接着して、最終的にレンズ高をフィックス。これで完成です。プロジェクターのボディやレンズ面をぴったりとくっつけた時に傷をつけないように、薄手のフェルト生地片を貼り付けました。右端の画像、プロジェクター台の上にマジックの痕が残っていますが、これはレンズホルダーの位置をマーキングしながら、ベストのポジションを探っているところのプロセスです。今の状態でも置いたり取り外したり、簡単にレンズがセッティング出来るので、ガイド用のレールをあえて取り付けなくてもいいかな、と考えています。

audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099audio-technica
ハイブリツドインシユレーター AT6099


オーディオテクニカ

商品詳細を見る

要所要所で使っているこのインシュレーターは、もはやウチでは必需品。安いのに効き目が高い!
関連記事

テーマAV機器レビュー ジャンル映画
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

09 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive RSS Login