「エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語」

来月の10月20日から東京で開催される、第25回東京国際映画祭で007シリーズのドキュメンタリー映画が上映されることが正式に発表されました。



「エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語」

全世界で愛されている映画史上最長シリーズ作品、007シリーズの知られざる舞台裏をスリリングに描く。ひとつの夢にかけた3人の男達――007シリーズのプロデューサー、アルバート・R.ブロッコリとハリー・サルツマン、そして原作者のイアン・フレミング。1962年から50年間続く、映画史上最長のシリーズ作品の製作にまつわる人間たちのスリリングなドラマが印象的に語られる。007シリーズ関係者やイオン・プロダクションに貯蔵されてい、未だかつて世の中に出たことのないアーカイブ映像もふんだんに交えながら、これまで決して語られなかった007製作秘話が明かされる。(上映日時等現在未定)

007シリーズのドキュメンタリー映画が劇場で公開されるのはこれが初めてのこと。タイトルにある“エヴリシング・オア・ナッシング”=“Everything Or Nothing”=“EON”の名を冠したプロダクションは、ブロッコリとサルツマンが“いちかばちか、のるかそるか”で、007シリーズの映画化を始めたその決意を表した象徴である、ということはいまでも世界の007ファンの間で語り続けられている“伝説”です。ただし、ブロッコリの息子であり、現在のプロデューサーのマイケル・G・ウィルソンがその真相についてブロッコリに尋ねてみたところ、否定していたというコメントがブルーレイ盤の特典映像のなかには収録されていました。もしかしたらその“EON”の名の謎も、このドキュメンタリーのなかで明らかにされるのかもしれませんね。



また、映画祭のオープニングセレモニーのなかでは「007 スカイフォール スペシャル・プレゼンテーション ~007 シリーズ誕生50周年記念~」と銘打たれた特別映像の上映も予定されています。これは「007/スカイフォール」の本編ではなく、10数分から構成されたスペシャル映像です。また、他にも007関連のプロジェクトが水面下ではいろいろと進んでいますので、情報告知解禁でOKになればお知らせしたいと思います。

007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX(007製作50周年記念キーチェーン付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX
007製作50周年記念キーチェーン付〔初回生産限定〕

(2012/10/19)
ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー 他

このボックスの詳細を見る
関連記事

テーマBlu-ray ジャンル映画
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

09 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive RSS Login