4Kアップコンバート上映 『ゴジラ4Kプロジェクト』

ただいま絶賛上映中の『GODZILLA ゴジラ』。もうご覧になりましたか?

20140728z

ボクは公開初日の朝イチで2D版を、そして勢い余って同じ日の最終回、レイトショーで3D版を観ました。この作品はヤバいですよ。とてもよく出来ています。リスペクトだオマージュだ特撮マインドだと言っているうちに、ハリウッドの作ったゴジラは遥か彼方に着地してしまいました。もうこれで完全に、日本ではこれまでのようには怪獣映画を撮れなくなってしまったのではないでしょうか。既に続編の製作も決定したようです。9月には北米版のブルーレイ盤がリリースされますが、とにもかくにも早く劇場に足を運んでみてください。個人的には2D版をオススメします。



さようなら古き良き時代のゴジラというわけで、日本映画専門チャンネルで先日オンエアチェックした「史上最高画質!ゴジラ4Kプロジェクト」を4Kアップコンバートで観てみました。各作品からチョイスされたシーンを集めたデモ版的な番組ですが、さすがにこれまでの2Kテレシネ版との差は歴然としていました。



JVC DLA-X75Rの【画質モード】はいつものように【フィルム】。【カラープロファイル】モードは【フィルム3】(テクニカラー)。4Kアップコンバートの【4Kプロファイル】モードは【フィルム】よりもむしろ【高解像度】の方が美味い。余計な強調感はなく、よりフィルムらしさが出てきます。


















オプチカル処理された特撮カットの場合はさすがに解像度が落ちるのはわかりますが、通常撮影のシーンでは従来の2Kテレシネのマスターのような甘さが感じられません。当然のことながらセットのディテールもよく再現されていますし、コントラストや発色、質感表現も格段にアップしています。特に、セットの遠景と近景の距離感がよく掴めるようになったのは4Kアップコンバート上映ならではの効果。「史上最高画質!ゴジラ4Kプロジェクト」は8月に入ってもリピート放送が何度もありますので、見逃している方は要チェック!です。(※追記:マスターとなったフィルムは4Kでのスキャニング、しかしレストアとグレーディングは2Kにダウンコンバートしての作業だろうと思っていたら、完パケの完成まで一貫して4Kサイズだとのこと。そりゃ画質もいいはずだ。)

【日本映画専門チャンネルHDを録るなら!】
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

戦国自衛隊 4Kデジタル修復版
『戦国自衛隊 4Kデジタル修復版』

トップガン マーヴェリック
『トップガン マーヴェリック』

スター・トレック/ディレクターズ・エディション
『スター・トレック/ディレクターズ・エディション』

蘇える金狼 4Kデジタル修復版
『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』

野獣死すべし 4Kデジタル修復版
『野獣死すべし 4Kデジタル修復版』

Verbatim BD-R 25GB 50枚
Verbatim BD-R 25GB 50枚

Verbatim BD-R 50GB 20枚
Verbatim BD-R 50GB 20枚

Apple TV 4K
Apple TV 4K(32GB)

10 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive RSS Login